鳥ウキウキ

過去のものを含めた探鳥の記録と鳥の紹介です。

インドMishmi-hills 探鳥記 1

インドMishmi-hills 探鳥記

 GWにインド・Mishmihills(ミシミヒルズ)にBlyth's Tragopan・ミヤマジュケイを見る旅に行ってきました
コンロビアの探鳥記も完成していないけど💦

日程

 4/26・・羽田-シンガポール-デリー泊
 4/27・・デリーで一日観光(夜、他のメンバーとホテルで合流)
 4/28・・デリー→ディブルガル Dibrugarh(アッサム地方)Roing -Mishmi hills 泊
 4/30・・山の宿が確保できていなくてRoing の街で宿泊 5/4まで 5/4 ディブルガル近くで泊
 5/5・・ディブルガル→デリー台北(5/6)
 5/6 ・・士林夜市-台北泊 5/7 九份へ 泊 5/8・・台北→成田 夜着

4/28 デリー→ディブルガル→Roing(ロイング)⇒Mishmi hills

 デリーから早朝便でディブルガルへ。フライト時間は約3時間。空港でガイドの出迎えを受けて出発。Roingの町まで鳥を探しながら行く。
 数年前までは途中の大河をフェリーで渡っていたようだがインドで一番長い橋ができてずっと車で行ける。便利になったようだ。
 途中で見た鳥をここで数種紹介する。良かったのは、ハゲタカ2種とセグロカッコウを見れたこと。セグロカッコウと言われたカッコウを富士でみてるが、自分自身では、カッコウの♀ではと疑問を持っていて、ライフリストにもいれてなくて、ここで撮影できてスッキリした。遠かったけど、声でハッキリした。
 >

Indian cuckoo セグロカッコウ

White-rumped Vulture・ベンガルハゲワシ
Slender-billed vulture・ハシボソハゲワシ 遠いけど数羽が止まってました。
Asian Barred Owlet・オオスズメフクロウ

 途中でインドカレーを食べて、というかそれから毎食カレーだけど(美味かったけど、カレー好きではあるが飽きてくる)。Roingの町には4時くらいに到着した。そこから先は、入境許可証が必要となるので、そこで30分以上許可を下りるのを待った。この辺りは、中国国境に近くなるので許可証が必要となるようだ。またこのあたり、標高350mではあるがデリーとは異なって丁度良い気温であった。
 チョット町をふらついたけど、お世辞にも綺麗ではない・・というか・・・

もう段々日暮れに近づいていたので、途中野菜調達でFrogmouth Campという場所に寄った以外は一直線に宿のCoffee House へ。途中、酷い雨降りとなり翌日以降が心配になったが、雨降りの時間もあったが、心配したほどではなく良かった。

Cofee house 5/3撮影

4/29まで記録しようと思ったけど、取り敢えず1日だけで公開。4/28の撮影種
精査前ですが・・数字はみた個体数(いい加減な数を入れてます)
2 Indian Cuckoo
2 Lesser Adjutant
2 Little Cormorant
1 White-rumped Vulture
5 Slender-billed Vulture
3 Asian Barred Owlet
1 Pied Kingfisher
2 Indochinese Roller
1 Oriental Hobby
2 Grey-backed Shrike
1 Rufous Treepie
2 Cinereous Tit
3 Sand Martin
1 Red-vented Bulbul
2 Great Myna
2 Oriental Magpie-Robin